71205-0016 - Floating Logs at Togetsu Bridge, Arashiyama, Kyoto, 1890s

1890年代の嵐山
川に浮かぶ丸太

撮影者 撮影者未詳
発行元 発行元未詳
メディア 鶏卵紙
時代 明治
場所 嵐山
写真番号 71205-0016
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

京都嵐山の川に浮かぶ丸太。背景に渡月橋が見える。

この橋で川の名前が保津川から桂川に変わる。更に上流では大堰川と呼ばれる。この川は保津峡、またの名嵐峡という、息を呑むような渓谷を流れる。

この渓谷は急流が多く、目を驚かすような岩の眺め、美しい山の眺めを楽しめる。亀岡の保津橋から始まり、嵐山の有名な渡月橋で終わる。

1948年(昭和23年)頃まで何百年にも亘って, この川は人や、米、大麦、小麦、炭、木材などの物資を遠くは丹波から運ぶ水路だった。

この川は淀川につながっており、国道や鉄道のできる遥か以前から大阪へ物を早く運ぶルートとして、無限の可能性があった。巨大な大阪城や幾つかの寺院の建材でさえ、この川を下って運ばれた。1606年頃には、名高い京都商人の角倉了以(1554-1614)が狭かった峡谷を広げる工事を行ない、京都の主要な商業ルートになった。.

これらの丸太は川を更に流れ下って、丸太町から車で二条まで運ばれ、ここで製材された。(「1890年代の京都 • 鴨川」を見て欲しい。)

1895年(明治28年)に始まった、川を二時間で下る「“>保津川下り」は観光客に人気が高い。現在、季節によって変化する峡谷に魅せられて川を下る観光客の数は年間約30万人。

1932年(昭和7年)の保津川筏下り。

現在の地図を見る

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1890年代の嵐山・川に浮かぶ丸太、オールド・フォト・ジャパン。2022年08月14日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/373/kawa-maruta)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:71205-0016

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1890年代の京都
鴨川

京都鴨川沿いの料理屋と旅館の美しい風景。これは恐らく三条大橋の上から撮影したもの。背景に見えるのは恐らく二条橋。

…

1890年代の京都
茶畑と東寺の塔

東寺の弘法市は素晴しいが、この市へ行く人がこの東寺の五重塔を背景にした茶畑の長閑な風景を見たら、大いに驚くことだろう。

…

1880年代の嵐山
渡月橋

京都嵐山の渡月橋で男が釣り糸を垂れており、着物姿の女性の一群が橋を渡っている。

コメント

この記事のコメントはまだありません。