70116-0007 - Nakanoshima, Osaka, 1930s

1930年代の大阪
中之島公園

撮影者 撮影者未詳
発行元 大正
メディア 絵葉書
時代 昭和
場所 大阪
写真番号 70116-0007
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

1891年(明治24年)にオープンした中之島公園は、大阪に初めてできた公共の公園。

淀川堂島川土佐堀川に分けている中之島に作られた。江戸時代、これら2つの川の岸には武士が住んで領国の物産を大阪で売るための蔵屋敷が並んでいた。19世紀末までには、この辺りは急速に江戸の面影を失い、大阪の近代化の中心となった。

この写真では見えないが、西洋風のビルが次々に建てられた。

大阪の最高級洋式ホテルは自由亭で、1881年(明治14年)に中之島に開業。1895年(明治28年)に大阪ホテルと改名。自慢は電燈とスチーム暖房があって、英語を話す従業員がいたこと。1

ネオルネサンス様式の日本銀行大阪支店がこの地に建ったのは、1903年(明治36年)。これを設計したのは東京駅の設計で有名な建築家の辰野金吾

ネオバロック様式の府立図書館がこの島にできたのは、1904年(明治37年)。住友家の寄付で建てられた。

1918年(大正7年)には、図書館の直ぐ後ろに中央公会堂が完成。これも寄付によってできた洋式建築。寄付したのは岩本栄之助(1877−1916)で、日露戦争(1904−1905)中に株で財を築いた人物。この寄付後間もなく、財産を失って自殺している。

中之島には、大阪の最新の市庁舎も1918年(大正7年)から1921年(大正10年)にかけて建てられた。

このような建築フィーバーは何年も続き、最近復活して、中之島は再び開発の渦中にある。最新の地下鉄道、京阪中之島線は2008年に開通するし、中之島や周辺一帯は建築ブームである。その一部を挙げれば、ショッピングモール、高層アパート、それに朝日新聞社とフェスティバルホールなどが入るツインタワーなど。2

大正11年(1922年)の大阪の地図
大正11年(1922年)の大阪の地図:1. 大阪駅、2. 堂島川、3. 土佐堀川、4. 日本銀行、5. 大阪市役所、6. 豊国神社(1879年に設立された1961年に現在地である大阪城公園内に遷座)、7. 府立図書館、8. 中央公会堂、9. 大阪ホテル、10. 浪速橋、11. 中之島公園、12. 天神橋、13. 大阪城

現在の地図を見る

脚注

1 幕末・明治期日本古写真メタデータ・データベース、「大阪ホテル」。2008年4月7日検索。

2 朝日新聞。「大阪・中之島プロジェクト」。2008年4月7日検索。

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1930年代の大阪・中之島公園、オールド・フォト・ジャパン。2022年08月14日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/203/nakanoshima-park-jp)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:70116-0007

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1910年代の神戸
メリケン波止場

海岸通からのメリケン波止場の眺め。右側の建物には「baggage keeper」という看板が見える。

…

1890年代の横浜
伊勢佐木町二丁目

伊勢佐木町と賑町の間一帯は、劇場街として外国人には知られていた。

…

1900年代の横浜
野毛町通

1900年代初めの或る日のありふれたシーンだが、これを撮影した無名の写真家によって、永く記録に残ることになり、嘗て横浜への入り口の大通りだった野毛町通の様子がわかる。

コメント

この記事のコメントはまだありません。