80115-0008 - Tea Plantation and Toji Pagoda, Kyoto, 1890s

1890年代の京都
茶畑と東寺の塔

撮影者 撮影者未詳
発行元 発行元未詳
メディア 鶏卵紙
時代 明治
場所 京都
写真番号 80115-0008
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

東寺の弘法市は素晴しいが、この市へ行く人がこの東寺の五重塔を背景にした茶畑の長閑な風景を見たら、大いに驚くことだろう。茶畑はとうの昔に姿を消し、東寺の周りは賑やかな通りと近代的な建物に囲まれている。

この写真は1895年(明治28年)以前に撮影されたものと思われるが、本堂である金堂の屋根が見え、その左側に天皇の安泰を祈願する儀式など特別の儀式が行なわれる灌頂院が見える。これら2つの建物の前には民家が並んでいるのが見える。1

京都駅に近い東寺は、真言宗の仏教寺院で、西寺と並んで京都の入り口である羅生門の両側にあった。この2つの寺は、都を悪霊から守護するために建てられたものだったが、残念ながら西寺は13世紀に火災で焼失し、再建されることがなかった。東寺も何度か火災に逢ったがその度に再建された。

東寺が建てられたのは都が京都に移ってから僅か2年後の796年のことだが、建設工事はスムースには進まなかった。823年に嵯峨天皇が僧侶で仏教学者でもあった弘法大師(空海)に命じて工事を完成させ、これによってその後真言宗は仏教界で独立した地位を確立することになった。従って、東寺が日本の仏教界で演じた役割は大きい。

70521-4055 - 京都東寺の塔
平成21年(2009年)・京都東寺の塔

弘法大師が826年に建てた仏塔は、落雷による火災で焼失した。その後も三度落雷で焼け、その都度再建されている。この写真の塔は1644年に徳川家光が建てたもので、現在もこの場所に建っている。高さは57メートルあり、日本で最も高い木造の塔。2

東寺を訪れるのは、弘法市の時が好い。実際には2回開かれ、毎月21日に開かれる市のほうが規模は大きく、食料品、草木、古着から骨董品まで何でも揃っている。毎月第一日曜日に開かれる市は骨董品が中心で、小規模。

塔は、弘法市の時には人ごみの雑踏を避けるには絶好の場所になる。鯉が数多くいる池のある、手入れの行き届いた庭園に囲まれ、リラックスして時を過ごすことができる。

東寺は1994年に他の16の寺院等と共に、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。

91101-5142 - 東寺の塔
平成21年(2009年)・明治写真とほぼ同じ場所

現在の地図を見る

脚注

1 白幡洋三郎 (2004). 幕末・維新彩色の京都, 京都: 京都新聞出版センター, 86, 87. ISBN 4763805312

2 弘法市~東寺縁日, 東寺教王護国寺。2008年3月28日検索。

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1890年代の京都・茶畑と東寺の塔、オールド・フォト・ジャパン。2022年09月25日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/173/toji)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:80115-0008

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1880年代の大阪
天王寺の眺め

大阪の四天王寺付近の全景。四天王寺の五重塔が遥か左側に見える。当時は重要な目印の役割も果たしていたことがわかって、興味深い。

…

1932年の箱根
箱根湖

芦ノ湖としても知られている箱根湖は、神奈川県の箱根にあり、火山系の山々に囲まれて、富士山の眺めが素晴らしい。

…

1930年代の東海道
路上の自動車

近代化した東海道を自動車が一台だけ走っている。東海道は江戸時代江戸と京都を結ぶ要な街道だった。

コメント

この記事のコメントはまだありません。