80122-0016 - Passengers getting on a street car in Tokyo, Japan (May 1934)

1934年の東京
市街電車の乗客

東京の市電から降りる乗客と、乗る順番を待つ乗客。

この写真が撮影された1934年には、東京の市電路線は大きく広がっていて、非常によく利用されていた。この写真に写っている乗客の数からもそれがわかる。

東京で馬車鉄道が開業したのは1882年6月25日。市街電車が電化されたのは1903年8月22日。会社の名前も東京馬車鉄道から、東京電気鉄道(東電)に変わった。最初の路線は新橋―品川間。

1906年には、東電、東京市街鉄道(街鉄)、東京電気鉄道(外堀線)が合併して東京鉄道(東鉄)となった。1911年、東京市がこの東鉄を買収して東京市電と改名。1943年には、東京市が廃止されて東京都制が施行されたのに伴って、東京都交通局に改組し東京都電となった。

最盛時、都電は41路線、総延長は213キロに達した。しかし自動車の普及につれて、乗客数は減り、1967年から1972年の間に181キロの路線が廃止された。

1974年に、残っていた路線を都電荒川線に統合し、完全廃止は免れた。

1990年以降、東京都電の前途にやや好転の兆しが見え始める。この年28年ぶりで新型車両を導入。10年後には停留所の新設(荒川一中前)があり、2007年には再度新型車両が導入された。1

このスライドは、ニューヨーク州教育局が、生徒に日本のことを教えるために作成した、一連の日本のスライドの中の一枚。

脚注

1 ウィキペディア, 東京都電車。2008年2月21日検索

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1934年の東京・市街電車の乗客、オールド・フォト・ジャパン。2022年09月25日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/135/shigai-densha)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:80122-0016

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1930年代の別府
流川通り

山々の眺望と流川通り。この写真の頃は、ここは数千の神聖な温泉で有名な別府の主なショッピング街だった。

…

1930年代の大阪
難波橋

大阪の難波橋。この橋は旧淀川に架かっており、1915年完成。

…

1920年代の神戸
商館

1922年から1927年頃の神戸海岸通にあった堂々とした建物。この通りは外国人の間では「バンド」(Bund)という名で知られていた。

コメント

この記事のコメントはまだありません。