71006-0006 - Motomachi Itchome, Kobe, 1910s

1910年代の神戸
元町一丁目

撮影者 撮影者未詳
発行元 発行元未詳
メディア 絵葉書
時代 明治
場所 神戸
写真番号 71006-0006
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

神戸元町一丁目の風景。商店や人力車が見える。

象の看板は薩摩藩浪人の袖岡喜兵衛が始めた「象喜」商店。

袖岡喜兵衛は京都で象牙店を開いたが、1868年(明治元年)に戊辰戦争(1868-1869)で焼失し、神戸に移って新規に開店した。

店の名前は、象牙の「象」と自分の名前「喜兵衛」の「喜」から名付けた。1

「象喜」は象牙だけでなく、輸入品も販売し、朝日新聞が1879年(明治12年)に創刊すると、取扱販売店第一号になった。当時の新聞には戸別配達はなく、取扱販売店で売られていた。

輸入品の販売を手がけた「象喜」は、神戸では重要な役割を演じ、自転車を神戸で初めて販売したのも「象喜」だった。

旧士族だった袖岡は、商売人には余り向いていなかったようで、武士の通例として誇り高い男だった。客が値引きを要求したりすると、怒って追い返したと言われる。

現在の地図を見る

脚注

1 安井裕二郎(2007)。識る力-神戸元町通で読む70章。芦屋市:ジャパンメモリー、37、171、174。ISBN 978-4-8354-8080-0

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1910年代の神戸・元町一丁目、オールド・フォト・ジャパン。2022年09月25日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/73/motomachi-itchome-jp)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:71006-0006

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1930年代の別府
流川通り

山々の眺望と流川通り。この写真の頃は、ここは数千の神聖な温泉で有名な別府の主なショッピング街だった。

…

1890年代の東京
吉原の遊廓

19世紀末の東京の歓楽街、吉原の遊廓。当時の建築は西欧の影響を強く受けているが、吉原は日本特有の雰囲気を未だ残していた。

…

1890年代の長崎
外国人居留地

南山手から見た長崎港、大浦と東山手の外国人居留地の眺め。

コメント

この記事のコメントはまだありません。