71205-0005 - Panoramic View on Osaka

1880年代の大阪
天王寺の眺め

撮影者 撮影者未詳
発行元 発行元未詳
メディア 鶏卵紙
時代 明治
場所 大阪
写真番号 71205-0005
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

大阪の四天王寺付近の全景。四天王寺の五重塔が遥か左側に見える。当時は重要な目印の役割も果たしていたことがわかって、興味深い。

今では寺院は周囲の高層建築に囲まれて、事実上見えない。想像もつかないが、前面の田園地帯は現在の日本橋でんでんタウンである。

明治26年(1893年)の大阪地図
明治26年(1893年)の大阪地図:1.難波駅、2戎橋、3.眺望閣、4。日本橋、5.生国魂神社、6.四天王寺

この辺りは江戸時代(1603~1868)には宿場で、長町と言われていた。近くの道頓堀に架かっていた橋の名前から、その後日本橋に名が変わった。

20世紀の初め、この辺りには古本屋ができた。第二次大戦後になると、民生電子機器の店がここに集まり、現在ではでんでんタウンと呼ばれている。

1990年代後半から、漫画アニメやキャラクターグッズ類を売る店が電器店に取って代り、東京の秋葉原のようなポップカルチュアの中心になっている。

大阪ミナミの眺望閣
大阪ミナミの眺望閣

撮影者の目の高さから判断すると、この写真はミナミにあった五階建ての眺望閣から撮ったことは、殆ど確実である。この塔は「南の五階」という呼び名で知られており、最上階には展望台があって、大阪の素晴しい眺めが楽しめた。

この木造の塔は、富士山に似せて設計され1888年(明治21年)に完成した。1888年(明治21年)と1889年(明治22年)には、眺望閣は大阪で一番人気の高いレジャー施設の一つだった。これに刺激されてできたのが新世界通天閣で、難波はミナミの中心になった。1

五階百貨店
眺望各のおおよその旧位置にある「五階百貨店」:浪速区東関谷町(Kansai explorerCC BY-SA 3.0・ウィキメディアコモンズ経由)

現在の地図を見る

脚注

1 昔の大阪。大阪の遊び場。2008年5月16日検索。

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1880年代の大阪・天王寺の眺め、オールド・フォト・ジャパン。2022年01月20日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/378/tennoji-no-nagame)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:71205-0005

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1910年代の神戸
元町一丁目

神戸元町一丁目の風景。商店や人力車が見える。

…

1900年代の東京
吉原の大門

この大門は東京の歓楽街吉原の正門。

…

1880年代の横浜
根岸の農村

横浜の根岸の農村。この美しい農村風景は、外国人居留地に近かった。

コメント

この記事のコメントはまだありません。