80130-0007 - Buddhist Monks in Japan, 1930s

1930年代の京都
仏教の僧侶

京都の東福寺境内を歩く僧侶の列。

手に持っている袋には、「大本山東福寺本堂再建」と書かれている。本堂の再建工事のための喜捨を求めて、市内に出かける途中のようだ。

大本山東福寺禅宗臨済宗東福寺派の大本山。元は1236年の発願で、1236年から1255年の間に建立された。1319年、1334年、1336年と火災に逢ったが、1350年代の後半に、元のプラン通に再建された。

この寺を建立したのは摂政九条道家(1192~1252)だが、その際奈良の東大寺興福寺から着想を得たので、東福寺の名は東大寺の「東」と興福寺の「福」を組み合わせたもの。

1881年(明治14年)にも火災で壊滅的な打撃を受けたが、再建された。この再建は数十年を要し、遂に1934年(昭和9年)に完成を見た。この写真は、その再建工事中の資金集めを示す、優れた歴史的文献である。

この寺は現存しており、中世の禅寺の代表的な一例で、京都の禅寺の中では最大級の一つであり、最も重要な寺である。1

現在の地図を見る

この写真を撮影した正確な場所は未だ不明だが、Googleの地図で東福寺の場所はわかる。

脚注

1 臨済・黄檗禅。「東福寺」。2008年4月14日検索。

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1930年代の京都・仏教の僧侶、オールド・フォト・ジャパン。2023年02月07日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/361/bukkyo-no-soryo)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:80130-0007

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1890年代
野菜売り

この野菜売りは、笠を被り蓑を着けている。

…

1930年代
衣類の洗濯

鎌倉の共同洗濯場で、昔ながらの着物姿の女性達が衣類を洗っている。

…

1870年代
三味線職人

三味線を作っている丁髷姿の職人とそれを手伝っている着物姿の女性。5本の三味線が壁に立てかけてある。

コメント

この記事のコメントはまだありません。