80130-0007 - Buddhist Monks in Japan, 1930s

1930年代の京都
仏教の僧侶

京都の東福寺境内を歩く僧侶の列。

手に持っている袋には、「大本山東福寺本堂再建」と書かれている。本堂の再建工事のための喜捨を求めて、市内に出かける途中のようだ。

大本山東福寺禅宗臨済宗東福寺派の大本山。元は1236年の発願で、1236年から1255年の間に建立された。1319年、1334年、1336年と火災に逢ったが、1350年代の後半に、元のプラン通に再建された。

この寺を建立したのは摂政九条道家(1192~1252)だが、その際奈良の東大寺興福寺から着想を得たので、東福寺の名は東大寺の「東」と興福寺の「福」を組み合わせたもの。

1881年(明治14年)にも火災で壊滅的な打撃を受けたが、再建された。この再建は数十年を要し、遂に1934年(昭和9年)に完成を見た。この写真は、その再建工事中の資金集めを示す、優れた歴史的文献である。

この寺は現存しており、中世の禅寺の代表的な一例で、京都の禅寺の中では最大級の一つであり、最も重要な寺である。1

現在の地図を見る

この写真を撮影した正確な場所は未だ不明だが、Googleの地図で東福寺の場所はわかる。

脚注

1 臨済・黄檗禅。「東福寺」。2008年4月14日検索。

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1930年代の京都・仏教の僧侶、オールド・フォト・ジャパン。2022年09月25日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/361/bukkyo-no-soryo)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:80130-0007

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1920年代
アイヌの首長

アイヌの首長が夫々の共同体で演じた役割は大きなものだった。アイヌの村は村毎に3人の首長が治めており、その地位は世襲だった。

…

1910年代
フォーマルな服装の家族写真

家族の一員の金婚記念に、フォーマルな服装で撮った大正時代の家族写真。

…

1934年の東京
モダンな帯

1934年5月に東京で撮影した写真。女の子が着物姿で二人、洋服姿で二人、写っている。

コメント

この記事のコメントはまだありません。