70614-0005 - Shamisen maker, 1870s

1870年代
三味線職人

撮影者 山茂堂
発行元 J B Millet Company
メディア 鶏卵紙
時代 明治
場所 スタジオ
写真番号 70614-0005
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

三味線を作っている丁髷姿の職人とそれを手伝っている着物姿の女性。5本の三味線が壁に立てかけてある。

職人が右肩を片肌脱ぎにしているのは、作業をやり易くするため。

三味線の歴史は長い。1390年頃に蛇皮で覆った3弦楽器が中国で出来上がり、その後琉球王国に伝わった。これが蛇皮で覆った「三線」という名で知られるようになった。

約一世紀後、この楽器は琉球の音楽家赤犬子によって改良が加えられた。この人物は琉球三弦の基礎を作った演奏家。

この三線が貿易船で日本に齎されたのは1562年頃。日本では蛇皮が琉球のように一般的ではなかったので、代わりに犬や猫の皮が用いられた。この楽器は、安土桃山時代になると更に変化が加えられて、大変異なったものになった。

三味線が信じられないほど普及したのは江戸時代で、歌舞伎や、音楽全般とは切り離せない楽器となった。1

三味線は今でも元気だが、丁髷のほうは相撲の力士にしか見られない。

丁髷を結ったのは男性だけで、元来は武士が戦いの際に兜を固定するために結ったもの。頭を剃って、残った髪の毛に油をつけて頭上で小さなポニーテールの形に結び上げていた。丁髷は侍と結び付いていたので、ステータスシンボルと見做され、人気が高かった。

1871年、断髪令が出されて侍は丁髷を切ることが奨励され、丁髷を切る前に侍が写真を撮りに写真館に殺到したので、ちょっとした写真ブームが起きた。

断髪令のために、「じゃんぎり」或いは「ざんぎり」と呼ばれる西洋の髪型が次第に普及し、これがまた写真家が丁髷姿の人々を探すことになった。

この写真は日本で紹介され、説明もイラストレーションも日本人の手による。編集したのは、F. ブリンクリー海軍大佐。2

この本の写真の出所は玉村康三郎(1856〜1923?)。

脚注

1 Columbia Music Entertainment, 日本の伝統音楽:三味線2008年3月10日検索

2 Captain Brinkley, Frank (1897). Japan, Described and Illustrated by the Japanese, Shogun Edition. J B Millet Company.

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1870年代・三味線職人、オールド・フォト・ジャパン。2022年06月27日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/141/shamisen-shokunin)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:70614-0005

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1920年代 
お茶を飲む

女性が二人と男性が一人、着物姿で畳の上の座布団に座っている。この部屋は襖で仕切られた広い部屋で、旅館の一室のようだ。

…

1934年の東京
モダンな帯

1934年5月に東京で撮影した写真。女の子が着物姿で二人、洋服姿で二人、写っている。

…

1890年代
お客のお出迎え

旅館の従業員達が玄関で泊り客を出迎えている。このように床に座って深々とお辞儀をする光景は、今でも日本中の旅館で見られる。

コメント

この記事のコメントはまだありません。