80121-0006 - Sidewalk Restaurants in Tokyo, Japan, May 1934

1934年の東京
歩道に面した食堂

1934年5月の晴れた日。東京の歩道に面した食堂の前でポーズを取る従業員。配達用自転車も写っているが、これは「やなせ鮨」のもの。太平洋戦争以前は、これらの看板のように横書きする場合は右横書きだった。

当時ニューヨーク州教育局の委嘱で作られたスライドだが、この頃寿司は日本以外では基本的に知られていなかった。

寿司について索引で初めて触れた英語の日本ガイドブックは、『Terry’s Guide to the Japanese Empire』 (1920)である。このガイドブックでは、刺身については説明があるが、寿司は酒匂川で獲れる鱒を使った地元の食べ物で、近くの小田原にある幾つかの駅で売られているとだけ書かれている。1

「この川で獲れるもので、小型の銀鱒の形をしており酢で味付けして米と一緒に料理してあり、寿司という名でこの駅や他の駅で16銭で売られている。外国人には不味くて口に合わないが、日本人は大好きである。」

時間はかかったが、結局寿司はその後海外で急速に普及することになった。アメリカ初の寿司店は1964年にニューヨークで開業(Restaurant Nippon)。シカゴは1967年まで待たされた(Kamehachi)。

海外で初めて回転寿司店ができたのは、ロサンゼルスで1980年のこと。これが世界的な寿司ブームに火をつけた。パリに初めて寿司店ができたのは1984年のことで、1988年にはスーパーマーケットに寿司を納めるヨーロッパ初の寿司工場がアムステルダムで創業。今や寿司店は、ホー・チ・ミン・シティ、バリ、カトマンズからウラジオストック、クウェート、ナイロビなどにもある。2

寿司は今や日本料理を代表するものとなっているが、多くの国々でステータスシンボルとなっている。2007年11月に初めて発行した「ミシュランガイド東京」には、東京の2軒の寿司店が三ツ星と評価されている。一つ星あるいはそれ以上と評価された店は全部で15軒。3

1920年に初めて寿司を紹介したフィリップ・テリーが、日本の寿司店が世界に広がって外国人で満席になっているのを見たら、さぞ驚くことだろう。

このスライドは、ニューヨーク州教育局が、生徒に日本のことを教えるために作成した、一連の日本のスライドの中の一枚。

脚注

1 Terry, T. Philip (1920). Terry’s Guide to the Japanese Empire. Houghton Mifflin Company, 368.

2 渡辺善次郎、国際的注目を集める-「日本型食生活」の成立と展開(pdf)。2008年2月21日検索

3 ミシュランガイド

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1934年の東京・歩道に面した食堂、オールド・フォト・ジャパン。2023年02月08日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/137/shokudou)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:80121-0006

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1910年代の横浜
伊勢佐木町二丁目

大勢の歩行者で賑わう暑い夏の午後の伊勢佐木町。日傘を持っている人が多い。これは夏の射すような日光を避けるためだろう。

…

1910年代の神戸
三宮

生田神社に通じる生田前の風景。背景に神社の鳥居が見える。昔からの木造の建物の中に、目立っているのは一軒の石造りの洋館。

…

1873年の横浜
弁天橋と横浜駅

弁天橋と横浜駅の風景。線路は建物の後ろにあって見えないが、何両かの貨物車が右側の操車場に見える。

コメント

この記事のコメントはまだありません。