70614-0011 - Traditional Japanese Footwear

1890年代
日本の履物

撮影者 撮影者未詳
発行元 発行元未詳
メディア 鶏卵紙
時代 明治
場所 スタジオ
写真番号 70614-0011
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

下駄、草履(画面の下)、草鞋(右下)などの日本の履物が一覧できる写真。

このように、履く人や使う目的によって多くのスタイルの履物があることがよくわかる。日本の履物は、足回りを空気が自由に循環できるようになっているので、蒸し暑い日本の夏には最適。尤も冬には少し寒く感じるが。。。日本の道路は、雨の日は泥だらけと悪名が高いので、歯の高い下駄を履くと足の汚れを防げた。

第二次大戦後は下駄も草履も殆ど人気がなくなったが、1990年代半ばになって若い人々の間に浴衣の人気が出て、これらの履物が再認識されるようになった。

浴衣がブームになったのは、山本寛斎コシノ・ジュンコジュンコシマダコム・デ・ギャルソンやその他の日本のデザイナーが伝統的な模様を捨て、美しい新デザインを創造して、現代の都市の若者達を惹き付けたから。

東京渋谷・現代的な草履
2013年・東京渋谷・現代的な草履
日本のファッションブランド多分多分絶対に現代的にされた下駄
2013年・東京渋谷・日本のファッションブランド「多分多分絶対」に現代的にされた下駄

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1890年代・日本の履物、オールド・フォト・ジャパン。2022年09月25日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/517/hakimono)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:70614-0011

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1890年代
旅姿の女性

旅をするのに身支度を整えた、2人の女性のスタジオ写真。

…

1935年代の岡山
「とうりゃんせ」の遊び

「とうりゃんせ」の遊びに興じている女学生達。

…

1890年代
炬燵に入っている女性

炬燵に入っている2人の女性。

コメント

この記事のコメントはまだありません。