70116-0010 - Nagaregawa, Beppu, 1930s

1930年代の別府
流川通り

撮影者 撮影者未詳
発行元 発行元未詳
メディア 絵葉書
時代 昭和
場所 別府
写真番号 70116-0010
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

山々の眺望と流川通り。この写真の頃は、ここは数千の神聖な温泉で有名な別府の主なショッピング街だった。

20世紀初頭、流川通りはよく小説や芸術作品に取り上げられた。事実有名な作家織田作之助(1913~1947)の姉は、此処に一軒の店を構えていた。1

此処には川が流れていて、その後暗渠になったが、この通りはその川から名付けられた。この川は名残川という名前でも知られ、名残川橋の名前を示す石柱がこの辺りにあるが、殆どの人は川のことは覚えていない。

別府の歴史は古い。江戸時代には既に8箇所の温泉があり、江戸時代末までには街道に沿って旅館が建てられた。

1872年(明治5年)には別府港ができて、町の繁栄に大きく貢献することになった。特に開発が本格的になったのは明治時代(1868~1912)の終わり頃で、この町は日本で最も知られた温泉保養地の一つに成長した。

特に第二次大戦後は、別府は修学旅行と新婚旅行の行先として人気が出た。.

別府は、日本で最大数の湯源があり、世界中にある11種類の温泉中10種類が此処にあることを誇る。湯量の面では、別府を上回るのはアメリカのイエローストーン公園しかない。

この町には、驚くほど多様な温泉がある。例えば、砂湯、蒸し湯、それに世界最大の露天泥湯など。温泉が人々の生活に大きな役割を演じていることは、驚くべきことではない。

現在の地図を見る

グーグルの地図では、通りの場所はわかるが撮影者がどこにいたかはわからない。

脚注

1 Viento ~おおいたの風~ 2003年10月 Vol.1。おおいた文学紀行:別府流川文学。2008年5月1日検索。

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1930年代の別府・流川通り、オールド・フォト・ジャパン。2022年08月14日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/228/beppu-jp)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:70116-0010

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1910年代の神戸
福原の遊廓

福原は神戸の歓楽街としてよく知られているが、その福原にあった西洋風と日本風をミックスした風変わりな建物と、その前に立っている女性達。

…

1910年代の東京
銀座の服部時計店ビル

東京の流行の中心、銀座の服部時計店ビルの前を通る2台の市電。青々と茂る木の下には荷車が見える。

…

1890年代の東京
吉原の遊廓

19世紀末の東京の歓楽街、吉原の遊廓。当時の建築は西欧の影響を強く受けているが、吉原は日本特有の雰囲気を未だ残していた。

コメント

この記事のコメントはまだありません。