70820-0004 - Japanese hairdresser at work, 1890s

1890年代
髪結い

撮影者 撮影者未詳
発行元 発行元未詳
メディア 鶏卵紙
時代 明治
場所 屋内
写真番号 70820-0004
注文 デジタルデータ
著者
翻訳者

鏡の前で髪結いに髪を結ってもらっている着物姿の女性。

床の上には髪結いの道具類、特に色々な種類の櫛が置かれている。日本では髪結いに用いられた櫛は種類が多かった。

女性の髪形が複雑になるにつれて、江戸時代後半には専門の髪結い職人が生まれた。明治時代になると、髪結いは週に2回から3回各家庭を訪問して、その家の女性の髪を結っていた。

このような手の込んだ髪型を整えるには、女性は髪を極めて長く伸ばしておく必要があった。

公開:
編集:

引用文献

ドゥイツ・キエルト()1890年代・髪結い、オールド・フォト・ジャパン。2022年08月14日参照。(https://www.oldphotojapan.com/photos/69/mikayui)

ライセンス可能

この写真はライセンスも可能です。ストックフォト(写真素材)を専門とするエージェンシーMeijiShowa(明治昭和)では、 明治、大正、昭和初期にかけてのアーカイブ写真・イラスト・ならびに古地図を、 エディトリアル・広告・パッケージデザインなどのライセンスとして販売しております。

写真番号:70820-0004

MeijiShowaへ お問い合わせ

深く知る

…

1890年代
畳職人

職人が二人、戸外の仕事場で畳を作っている。道具類が畳の上に置いてある。

…

1934年の東京
モダンな帯

1934年5月に東京で撮影した写真。女の子が着物姿で二人、洋服姿で二人、写っている。

…

1870年代
三味線職人

三味線を作っている丁髷姿の職人とそれを手伝っている着物姿の女性。5本の三味線が壁に立てかけてある。

コメント

この記事のコメントはまだありません。